アルミの鋳造の事ならお問い合わせフォーム

Business contents

事業内容

砂型鋳造

有機自硬性の中では環境に優しいアリカリフェノール樹脂を使用する自硬性プロセスを使用しています。

大きさでは手のひらにのる小物から1mを超える数十キロの中物を製造しています。

自硬性の長所は寸法精度のバラツキのない鋳物、複雑な形状でも再現性の良い鋳物づくりが出来るところです。

木枠の用意

木枠の用意

造型・木型に砂を込めて行きます

造型・木型に砂を込めて行きます

造型後、木型を外した砂型

造型後、木型を外した砂型

注油

注湯 : 溶けたアルミを砂型に流し込みます

溶解

溶解 : アルミ地金を専用炉で溶かします

アルミ

アルミ : 地金

切断

切断 : 製品以外の不要な箇所をノコ盤で切り落とします

仕上げ

仕上げ : 綺麗に研磨します

自硬性鋳型は荒めの砂を使わないと鋳型が硬化しないという性質がありましたが、弊社では鋳肌を良くするために従来より1番手細かい砂(6号と7号の中間の粒度)を使用しております。

その為には、細かい砂を混連できるミキサーの開発、また細かい砂を再生できるリクレーマーの導入を行い、少しでもお客様の要望に応えるべく設備の管理および砂の管理を行っております。

従来の砂型鋳物では、寸法精度のバラつきが多く、複雑形状物は砂の強度の問題上、再現性に限界がありました。アルカリフェノール自硬性プロセスでは、砂自身をバインダーと硬化剤により固めるので、鋳型の寸法精度の安定と複雑形状の再現性の向上が計れます。

金型鋳造(グラビティ)

金型鋳造(グラビティ)

金型鋳造の中でも、アルミの自重のみで溶湯を型の内部に充墳する方法をグラビティと呼んでおります。比較的ロット数の多い小物に適したプロセスです。
グラビティでは、アルミ溶湯は金型に触れる事で急冷される為、緻密な組織が生成されます。また砂型と比べ寸法精度が高くバラツキの少ない製品が作れます。

金型の用意

金型の用意
 

塗型

塗型:金型を加熱し、型表面に
   塗型をスプレーしていきます

アルミ地金

アルミ地金

溶解

溶解:アルミ地金を専用炉で溶かします

中子の用意

中子の用意

金型に中子をセット

金型に中子をセット

溶湯を金型に流し込みます

溶湯を金型に流し込みます

製品取出し

製品取出し

この後は砂型と同じ作業にて、切断・仕上げへと送られていきます。

仕上げ

仕上げ工程は全てが手作業になります。
製品の用途を熟知した作業者が、ひとつひとつ丁寧に仕上げていきます。

中子抜き

鋳造内部の中空部を作る為の物を中子と呼びます。 これを振動ハンマーで砕いて抜きます。

切断

湯口や押し湯をノコ盤で切断します。

エンドレスペーパーにて研削

リューターで細かいバリ等を研削します。

ショットブラスト

ステンカットワイヤーにてブラストします。

試作品のお問合せや、製品があっても図面がないなど、鋳造に関するお問合せなら、お気軽にご連絡ください。